生活改善が育毛のカギになる

男性にとって永遠のテーマでもある「ハゲ」ですが、ではどうして髪の毛が抜けていくのかその理由はご存知ですか?
“敵を倒すには まずは敵を知れ”という言葉がありますが、髪が抜けていくのを止めるには髪がなぜ抜けていくのか、その原因をまずは探ることが大事です。育毛を効果的に行うためには知識が必要になります。
髪が抜けていく原因として2つの理由があります。
1つ目は“自然な脱毛”です。
実は髪の毛が抜けていくのって普通の自然現象なんです。
どんなに頭髪ケアを行っている人でも1日に約100本前後も髪の毛は抜けると言われています。
特に頭髪に限らず全身の体毛には“毛周期”というものがありまして、これは何かというと“毛が生えたり抜けたりするサイクル”を表しています。
この毛周期は成長期・退行期・休止期の3つに分けられるのですが、この3つ目の休止期に入ると自然と脱毛が始まるわけです。しかし、休止期といっても毛髪が抜けていくだけじゃなく、同時に毛髪が成長を始める時期でもあるんです。この休止期の期間は約3ヵ月間と言われています。
そして休止期の間に成長を始めた毛髪の産毛が成長期に入ると硬毛へと変化していき、退行期になると毛髪が向けやすい状態になる。そしてまた休止期に入り成長期に入りとサイクルが続いていくわけです。
なので髪が抜けてきたなぁと感じていたら、いつの間にか髪が濃くなってきたという人は、正常な状態にあるのでたとえ毛が抜ける量が増えたとしても何も心配はいらないわけです。
では2つ目の原因についてお話していきましょう。
2つ目の原因は外部からの要因によるモノです。
この外部からの要因には、毛髪が死んでしまうくらいの強い衝撃を受けるというものもありますが、ここでいう外部からというのはストレスや病気による体調不良、また老化現象や限度を超えた頭髪ケアなどを指します。
現代の日本はストレス社会と言われるほどストレスを受けやすくなっています。
最近の若者に若ハゲが増えてきているのはそういった理由もあるのです。
当然のことながら育毛の妨げになります。
特にゆとり世代と言われている若者たちは若ハゲになりやすい傾向があります。
学生までは周りから守られてぬくぬくと過ごしてきていたのが、社会に出たら自分の力でいろんな困難を打開していかなくてはなりません。
困難に対して免疫の薄い若者たちは結果ストレスがたまり、体調に不具合が生じて血行不良や病気にかかり脱毛が起こりやすくなっているのです。
限度を超えた頭髪ケアもよくありません。限度を超えたケアは頭皮の油分を落とし過ぎてしまいバイ菌が溜まりやすくなるので守るべき毛根を殺してしまう原因になります。何事もほどほどにしたほうがいいということですね。
老化による原因もありますがこれはどうしようもないことで諦めるしかありません。しかし、運動や趣味を楽しんで心にストレスを溜めない生活を送ったり、限度を超えたケアを行うのでは無く、食生活の改善や十分な睡眠をとって体を健康に保つことで脱毛を防げばたとえ老化してもその時には十分に髪の毛が残っていることでしょう。
ストレスを溜めないというのはなかなか難しくはありますが、体を健康に保つというのは髪の毛だけに限らず自分自身の人生においてとっても大事なことであります。
よき人生を送るためにも今一度自分の生活に目を向けてみてはいかがでしょうか?
顔の皮膚と頭皮は一枚で繋がっています。お顔のケアだけでなく、一枚で繋がっている意識を持ってケアすると育毛の悩みが解消されるのかもしれないです。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*